金融庁、外貨調達費の税負担軽く 損金算入制限見直し要望

2023.11.27 04:50
金融庁 税制 自民党
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
金融庁は、外貨調達コストの増加が金融機関の経営に影響を与えている事態を踏まえ、税負担の抑制につながる税制改正を求めている。損金算入できる利子に制限を設ける「過大支払利子税制」の見直しを目指しており、農林水産省と共同で与党・税当局に働きかけている。通貨スワップ取引で外貨を調達する場合などに生じる金利差を「利子」から外すよう要望しており、税制...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

金融庁、事業者支援高度化を加速 海外動向の調査も
金融庁、能動的サイバー対策促す 地域金融に手引きなど
財務省・金融庁、財務局長会議を開催 経営改善・事業再生に「早めの対応」を
金融庁が警戒、地域銀の「仕組み貸出」増 利回り魅力も高リスク

関連キーワード

金融庁 税制 自民党

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)