メガバンク、サムライローン回復の兆し 日米金利差縮小も後押し

2023.11.22 04:50
貸出・ローン 債券市場 海外戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
メガバンクは、円建てで海外企業などに融資するサムライローンが増加するとの期待を強めている。2024年に大型案件の借り換えが控えているほか、国内外の金利差が縮小すれば、海外企業は借り入れた円をドルに換える際の上乗せ金利(ベーシススワップ)が小さくなり、資金調達手段としての魅力が高まるためだ。
コロナ禍以降、海外の企業・金融機関は自国内での...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

三菱UFJ銀、アルムナイと現役が交流 90人参加、初の一部署特化
環境省、ESG金融で表彰 金賞に三菱UFJ銀と静岡銀
みずほ銀など6社、社会インフラ維持へ連携 100超の自治体で事業展開
三菱UFJ銀、九州初ピッチイベント 10社が事業プラン発表
Sky Drive社は空飛ぶクルマを使ったアイデアを説明(2月5日、福岡市の電気ビル共創館)

関連キーワード

貸出・ローン 債券市場 海外戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)